« 織物作家 | トップページ | 愛すべき変人 »

2017年11月12日 (日)

11月中旬ですよ

雨ばかりの10月が終わって、比較的穏やかな11月ですが、気が付くともう中旬になってました。

来年の7月に参加させていただくジャパンエキスポのことを思って、

あと半年くらいか・・・、とか

あー、全然作れてないなぁ・・・、とか

なんだかマイナスな気持ちが自分の中に起きてくることがあって、

私がどれだけ織るのが好きか、そして、そんな私が作ったものを見ておくれよー!

という、いつもの私がいなくなっていることに気が付いてしまうことがあるわけなんです。

でも、お任せください!

すごくいい時間に必ずさせてみせますから~♪ ハハハハ~♪

Img_6377

↑ 根拠のない自信家だよねって前から思っているよ、の顔。

本コースの時間に私が思っていることが一番伝えられる時間だなぁってすごく思います。

”作品は自分の写し鏡” ということの意味を理解してくださったうえで、自分でデザインを起こすことをにチャレンジしていただく時間は、私にとって至福の時かもしれません。

幼いころからずーっと 「この世界にはいろんな人がいる」 と思っていた私なのですが、

例えば 「私はホットケーキを焼くのが上手なんです」 というと

「すごいね~」 という人もいるし、「意外ですね~」 という人もいるし、「私ホットケーキ好きじゃないんです」 という人もいるし、「私の分も焼いてくださいよ~」 という人もいるし・・・、

と、いろんな人がいることがずーっとすごいと思っているのです。

日本に住んでいると、たまに居心地がよくなく感じることがあって、

良いとされているモデル像があって、それに少しでも近づこうという感じが生き苦しいです。

笑いじょうごの人がいたり、感動やさんがいたり、親切な人がいたり、お勉強が得意な人がいたり、着るものにこだわる人がいたり、という、いろんな人がいることを、もっとそれでいいんじゃないかって思っていて、

そういう自分にもともと備わっている何かを、イキイキと出していけること、

自分がいいな!と思うことを ジャーン!! ってみんながすればいいな、なんて思っているのです。

あー、文章能力が低くて、これを読んだ方が はてな顔(?_?) になっているのが想像できてしまいました。ごめんなさい。

誰かに認めてもらうというよりは、自分が清々しく過ごす、ということでしょうか。

自分のはみ出たところが、誰かを助けたり喜ばせたりしている。

それを芸術というのでしょうけれど。(笑)

だからものづくりはすごいわけですね。ということが私がいつも思っていることです。

そうです!それでいいんです!! ってみんなに言ってあげたい。(本コースの生徒の方と、取引先の雑貨製造の皆様、以外のみんなにも届け~)

|

« 織物作家 | トップページ | 愛すべき変人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 織物作家 | トップページ | 愛すべき変人 »