« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

最近かかわりのあった変人?

なんと、今日2回目のブログ更新です。

2つくらい前に 「愛すべき変人」 というブログを書いたのですが、

今週も愛すべき変人がウロウロしておりまして、

変人を独り占めするのはもったいない!と思いまして、皆さまにも紹介させてください。

個展の案内やDMをいただきまして、もしお近くだったり、ご興味のある方はぜひ。

Img_6566_2

A : 「とぼけて、そぼくで、でもちみつ。」 粘土と刺繍でねこちゃんのいろいろなものを作っている方です。                                            これは間違いなく愛すべき・・・、です。 12月16日~ひるねこBOOK 近い!

B : 「みっつの星とひとつの月」 という展示で、 絵、立体作品、などがウヨウヨしているそうです。12月16日~小金井市のGALLERY BROCKEN です。遠いなぁ。近い方はぜひ。

スサイタカコ さん という方で、間違いなく愛すべき・・・、です。よくル・ポワルでお買い物してくださいます。

C : 「ももいろアルパカ 原画展」 絵本の原画と絵本や詩集の販売。なんと今日まででした。さっき終わったよーってお立ち寄りいただきました。お菓子をもらいました。おいしー。

D : 「unのこぎん刺し」 http://unchag.blog.fc2.com/   12月16日~表参道で展示があるようです。ブログに載っていると思います。私は愛すべき・・・、ではない!とおっしゃってました。ぬぬぬ!さらに興味深いです。笑

その他 : DMをいただかなかったのですが、山下健一郎さん(山下マン) という男性の方で、ねこの絵をかいていらっしゃる方もお立ち寄りいただきました。小田急線沿いの梅ヶ丘というところで現在原画展で個展をされているようです。

ブログに書くくらいなら、もっと詳しく聞けよ!と、大きく反省をしましたが、

こころを豊かにしてくれる、愛すべき変人。日頃真面目マンに囲まれている方はぜひ会ってほしいなぁ。そんなこと気にしていてアホくさ~って思わせてくれること間違いなしです。

Img_6567

スサイタカコ さんは郵便で送ってくださって、手書きのイラスト付きです。もう、なんすか~。笑

| | コメント (0)

千代治のくつした

前回のブログでゴムなしソックスを紹介させていただいたのですが、

今日は千代治のくつしたです。

連日くつしたの紹介をしていて、ル・ポワルはいったいなに屋なんだ!ですね。

「なぞの店 ル・ポワル」 よろしくお願いいたします。笑

で、千代治(ちよじ)のくつした なのですが、

昨年9月から取り扱いさせていただいておりまして、ル・ポワルの中では新顔と言ってもいいかもしれない商品ですが、なんとあまりの人気に、今や木のスプーンに次いでの2番人気のポジションを獲得しております。

Img_6551

千代治のくつしたのなかでも 『マーブル』 というシリーズが特に人気で、底のクッションがフッカフカで、暖かいのはもちろんなのですが、耐久性がよいことや、締め付けが強すぎない弱すぎないことや、価格がリーズナブルなことなど、高機能なソックスです。

底のフカフカの感触が快適で、もっと歩いていたい! みたいな気持ちが起きます。(←個人の感想ですが。笑)

色は4色、女性サイズ(22cm~24cm) と 男性サイズ(25cm~27cm)

価格は驚きの 600円(税別) です。 たくさんの方にいいものを届けたくての価格だそうで、いけるところまでこの金額でがんばりたいとのことです。

Img_6548

↑ 私は24.5cmくらいなので、丈の長さも長いので、どちらかというと男性サイズのほうが好きです。

昨年は、製造が追いつかず、12月~2月くらいまでほとんど届くことがなかったんです。1か月に1回くらい20足くらい届くのですが、3日程度で売り切れてしまって、こんなにステキなソックスを多くの方に紹介することができなかったのですが、

今年は万全の体制を整えてるから、ご迷惑をかけないで済むと思う、と夏くらいにおっしゃっていたので、大船に乗った気持ちでいたのですが、

なんと今年も、製造が追いつかないそうで、今年はもうお届けできないと思う・・・、と切ない連絡をいただきました。

ということで、大人気の千代治のくつした! なのですが、今年も早い者勝ちとなりそうです。

今日現在でル・ポワルにある在庫を表記しておきます。

女性サイズ : 黒→13足  グレー→29足  赤→28足  青→12足

男性サイズ : 黒→23足  グレー→26足  赤→20足  青→9足

Img_6556_2

↑ 毎回私の足で申し訳ないのですが、こちらは男性サイズのグレーです。

自分で履いてもいいですし、ギフトにもおすすめです。

Img_6549

↑ 青のソックスが涼しそうで、季節的に店頭には出していないのですが、声をかけていただければお出しできますので~。(*'▽')

あるうちにぜひ。ご来店お待ちしております。

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

ゴムなしソックス

クリスマスが一年で一番好きなミヤです。

Img_6496

あー、クリスマスよ。終わらないでおくれ~。

ライトアップする4時くらいからのル・ポワルは最高なんですよ。

ぜひぜひご覧あれ。(笑)

今日のブログは、ソックスの紹介をしようと思います。

千代治(ちよじ)のソックスを昨年から始め、今やル・ポワルを代表するほどの人気商品となっておりますが、

千代治ではないソックスも取り扱っておりまして、そちらの紹介をしたいと思います。

Img_6517


こちらです。ザンッ。 

で?って感じですね。(今の段階では。笑)

どう説明したらいいのか、悩むところなのですが・・・、

千代治のソックスがあまりにもいいので、どんなにいいソックスでも、もうル・ポワルではほかのメーカーのソックスは取り扱いません! 

と言っていた私が、試しに3週間履いてくれと言われ、3週間履いた結果、あまりの良さにぜひル・ポワルでもやらせてください!と言ってしまったソックスです。

ゴムを使っていないソックスで、編みの力だけで伸び縮みします。(それがどうした?)

締め付けないので、跡が付かないのですが、吸い付くように足にジャストフィットしてくれます。

ゆるゆるソックスではないので、ズルズル落ちてくることもないし、かかとがズレて、靴の中で回ってしまうようなこともないソックスです。(へぇ~)

Img_6519

説明をしていただいたときは、言っている意味がよくわからず、ふぅ~ン、みたいな感じだったのですが、履いてみるとそのすごさにニヒニヒが止まらず、むくみやすい私の足が、夕方になっても跡が付いていないじゃん!とほくそ笑んでおります。

もともと医療用品だったそうで、ギプスをしている方が冷たくなってしまうつま先を、ギプスの上からも履けるようにふんだんに伸び、でも、脱げば元に戻るソックスとして始まったそうです。

編みの力で伸びるので、糸が伸びるわけではないため、耐久性がとてもよく 『半年後も同じ履き心地』 なのだそうです。

表記上では22cm~27cmにしておりますが、信じられないかもしれませんが、32cmの方も問題なく履いていただけるほどよく伸びます。

と、書き連ねてみたのですが、やはり文章の力ではこの程度ですね。謎が深まるわ。

Img_6518_2

見本で履いたダークグレーのほかにも、グリーン、マスタード、ネイビー、ホワイト、ペールグレーの6色 各¥1300(税抜き) です。

文字でいろいろと書いてみましたが、最終的に履いた感じがめちゃかわいいのが一番のおすすめポイントかもしれませんね。

私が履いている日は 「かわいい~♪」 と買っていかれる方が倍増です。

もし、気になった方は、ぜひお試しくださいな。

| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

愛すべき変人

10月、11月は谷根千にあるギャラリーで個展される方が多いシーズンで、文化人がいっぱいウロウロしています。

文化人なんて書くと堅苦しいですが、私の大好きな愛すべき変人です。(笑)

愛すべき変人、(´~`)モグモグ。もうおなかいっぱいで食べられないよ~。

でも、豊かさで満たされていくよ~。 う~ン、しあわせ♪

昨日、ル・ポワルを勝手に評価する変な書き込みをされて、気分を損ねていましたが、

愛すべき変人たちは 「このお店が大好きだよー」 って言ってくれて、今日は元気が出ました。

よかった、よかった。

「はみ出たさん劇場」 という本を出そうとしたことがある私ですが、お店なんてやっていると、すごくちゃんとした人だと思われることが多くて、

尊敬されて、すごいって言われて、本当に恥ずかしいです。えらくなりたくないです。有名になりたくないです。 

ひっそりと、こっそりと、自分のやりたいことをニヒニヒやって、

同じ感覚の人がたまたま立ち寄って、キャーん、すてきー♪ っていうお店を目指しています。

Img_6442

↑ 光マフラーの白です。「光と影」というシリーズで、光があるから影がある。光が偉くて影はダメということではなくて、そこに存在する物事の道理が表現したいと思って作ってみたものです。

みんながそれぞれでいいのです。気に入られたり、認められたりすることが目的ではなくて、必然的にそうなる、そのままでいい。的な。(笑)

| | コメント (0)

2017年11月12日 (日)

11月中旬ですよ

雨ばかりの10月が終わって、比較的穏やかな11月ですが、気が付くともう中旬になってました。

来年の7月に参加させていただくジャパンエキスポのことを思って、

あと半年くらいか・・・、とか

あー、全然作れてないなぁ・・・、とか

なんだかマイナスな気持ちが自分の中に起きてくることがあって、

私がどれだけ織るのが好きか、そして、そんな私が作ったものを見ておくれよー!

という、いつもの私がいなくなっていることに気が付いてしまうことがあるわけなんです。

でも、お任せください!

すごくいい時間に必ずさせてみせますから~♪ ハハハハ~♪

Img_6377

↑ 根拠のない自信家だよねって前から思っているよ、の顔。

本コースの時間に私が思っていることが一番伝えられる時間だなぁってすごく思います。

”作品は自分の写し鏡” ということの意味を理解してくださったうえで、自分でデザインを起こすことをにチャレンジしていただく時間は、私にとって至福の時かもしれません。

幼いころからずーっと 「この世界にはいろんな人がいる」 と思っていた私なのですが、

例えば 「私はホットケーキを焼くのが上手なんです」 というと

「すごいね~」 という人もいるし、「意外ですね~」 という人もいるし、「私ホットケーキ好きじゃないんです」 という人もいるし、「私の分も焼いてくださいよ~」 という人もいるし・・・、

と、いろんな人がいることがずーっとすごいと思っているのです。

日本に住んでいると、たまに居心地がよくなく感じることがあって、

良いとされているモデル像があって、それに少しでも近づこうという感じが生き苦しいです。

笑いじょうごの人がいたり、感動やさんがいたり、親切な人がいたり、お勉強が得意な人がいたり、着るものにこだわる人がいたり、という、いろんな人がいることを、もっとそれでいいんじゃないかって思っていて、

そういう自分にもともと備わっている何かを、イキイキと出していけること、

自分がいいな!と思うことを ジャーン!! ってみんながすればいいな、なんて思っているのです。

あー、文章能力が低くて、これを読んだ方が はてな顔(?_?) になっているのが想像できてしまいました。ごめんなさい。

誰かに認めてもらうというよりは、自分が清々しく過ごす、ということでしょうか。

自分のはみ出たところが、誰かを助けたり喜ばせたりしている。

それを芸術というのでしょうけれど。(笑)

だからものづくりはすごいわけですね。ということが私がいつも思っていることです。

そうです!それでいいんです!! ってみんなに言ってあげたい。(本コースの生徒の方と、取引先の雑貨製造の皆様、以外のみんなにも届け~)

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

織物作家

今週は晴れが続くみたいです。

明日から3連休ですが、多くの方にお会いできますことを楽しみにしております。

今日は、自分にとってなかなかつらい日です。

100円ショップが大好きみたな方が入ってこられて、ずーっと文句を言われました。

さらにつらかったのは、これが2万って全く意味が分からない、ってずーっと店内にいたんです。

早く帰ってくれればいいのですけどね。ずーっと文句を言って、ずーっといる。

30分はいらしたかもしれません。なかなかつらい日です。(笑)

ものづくりという領域に興味や関心がなく生きてこられたんでしょう。

そのような方と争う気もないのですが、誘っていないのに入ってきて、ずーっと文句を言うというのはなかなかの根性です。完全にやられました。疲れ切って、もうお店を閉めたいくらいです。

そうかと思うと、こないだはニューヨーク MOMA に作品を展示されているという、世界的アーティストがやってこられて、すごい!このお店はすごい!! パーフェクトだといわれてみたり。

私もつくづく忙しいです。(笑)

織物作家という職業を名乗っている私ですが、織物作家を名乗る根性はもちろん持ってますよ。

多くの方が雑貨屋さんの片隅にちょっとだけ自分が作ったものを置いている、って思ってるだろうと思っているのですが、

そう思われるだろうと思ってやっています。

でも、大丈夫です。分かる人には分かってもらえているので。

織物作家。自分が一番大切にしている想いを作品に織り込んでいます。

手先が器用とか、ずっと飽きずに織っててえらい、とかよく言われ、それが織物作家という職業のように思っている方が多くいらっしゃいますが、織物作家はそんな職業ではない。

一番大切にしている想いを作品に織り込んでいる作家です。

こういう言い方をすると、怨念のこもった織物とか言われるのが嫌なので、多くの作家は本当のことを言わなくなってしまうのでしょうね。

一番大切にしている想い・・・。

何回もこのブログにも書いているし、ご来店いただいたお客様にも何度もお話しさせていただいている、私が大切にしている想い。

多くの方に、作品を通して届くといいな。

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »