« ボクのヒミツ | トップページ | 樹齢100年 »

2017年8月24日 (木)

優しい気持ち?

ル・ポワルにご来店いただいたことのある方ならば見たことがある方もいると思うのですが、なぜ?という場所に違う店の看板が付いているんです。

これがですね、まぁ、なかなかつらいものでして、

「しんきゅういんだと思うじゃないか~~ッ!」 って、なぜか私が責められる。

谷根千エリアが観光シーズンになると、そのようなことを言われるのはほぼ毎日です。

ある日突如ついてたんです。えーって思って言いに行ったらもうツイちゃったので~、みたいな。

不動産屋さんにも言ったんですけど、大家さんがいいって言ったならとかで、もしどけたいならば弁護士さんのところに行ってくれる?みたいな。

あとから入ってきたお店の看板が、突然入口の上についてて、えー、って思ってるうえに、私が責められる。

これが俗にいう 『世の中の理不尽さ』 です。

放送作家をされている知り合いの方も言っていました。理不尽なことって生きていると絶対にあるんだよね。理不尽な想いをしないで生きている人はいないんだよ~。

確かに、昨日ラジオに出ていたサヘルローズさんの話なんて、涙なしでは聞けない。

本当に天使様なのではないかと思っています。

優しい気持ちで暮らしていきたいんですよね。誰も。

でも、そうなれないことが世の中にはあるんですよ。笑

なぜ?なぜ? が止まらない。誰にでもある理不尽な想い。

私が思うのは、この想いは試練です。 そう、試練なんです。 そのように受け止めて過ごしております。

試練を与えられている私としましては、この看板を見た人がどう思うか、と考えております。

観光で初めて来た方ならば仕方がありませんが、何回か来たことのあるお客様でしたら私が思っているように感じているのではないかな。そして、そう信じております。

ミヤさんが弁護士さんのところに行ったと思いますか? 毎日泣きながら看板をにらみつけていると思いますか?

いつもお買い物に来てくださるお客さんにも、この看板はミヤさんの性格を物語っているなんて言ってもらえたりして。

そのようにとってくださる方もいるわけで、結果としてなんかプラスに動いてさえいる気がします。

谷根千エリアが観光シーズンに入ってきました。

今日も看板のこと言われました。ジーっと耐える。試練です。笑

もしひとつ言わせてもらえるならば、言う相手は私ではなく、看板の方に言っていただけるといいですね。

Img_5016

|

« ボクのヒミツ | トップページ | 樹齢100年 »

コメント

6月に体験をさせていただいて以来、ブログを最初からゆっくり読ませていただいています。
織ること、物づくりへの熱い思い、心に響いています。

で、読んでいたら、なんと!
24日がお誕生日だったのですね。おめでとうございます。
いつも健やかに、心穏やかに、素敵な作品作りをなさってください。
天候不順なこの夏ですが、どうぞご自愛くださいませ。

投稿: ろみ | 2017年8月26日 (土) 午前 08時54分

ろみさま

わぁっ!誕生日、バレてる!笑
う、うれしいです。
ありがとうございます。

ブログをはじめから読んでくださっているのですね。
もう私、何を書いたか忘れています。(>人<;)
もしかすると未熟な切ない内容もあるかもで、閲覧注意かもしれませんよ。笑

ろみさまも楽しみながら『ものづくり』つづけてください~。
ミヤ&キュウ太店長はこれこらも応援団長を務めます!

投稿: ミヤ  | 2017年8月27日 (日) 午後 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボクのヒミツ | トップページ | 樹齢100年 »