« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月25日 (金)

こわいけど、気になる

男性のお客様もけっこう来ていただけるのですが、「なんか、おとこ1人だと入りにくいんだよねぇ~」 とのボヤキを聞いてしまいまして、

男性のお客様がキュンとなる商品を探していたのですが、

これはどうでしょう!! とばかりに新商品を入荷いたしました。

その名も 『食虫植物』 (ドラえもん風に声に出しているつもりです。笑)

↓ ウツボカヅラ(¥1404税込) と

Img_4300

↓ サラセニア(¥1404税込) です。

Img_4299

もちろん、女性のお客様もオススメですよ。

こわいけど、なんか気になるぅ~。そんな想いを抱いた方、ぜひぜひ育ててみましょう。

どちらも高温多湿を好むそうです。なので、ジメーッとあったかくしてあげましょ。

虫さんのことも大好きだそうです。笑

なかなか虫さんがいないおうちにお住まいかと思いますが、虫さんをペロンするところなんか見れたらちょっと楽しい(?)ですね。

| | コメント (0)

2016年3月23日 (水)

人気の 織物体験レッスン

「シュー、トントン」ってやる あの織物! 小さいころ読んだ絵本に出てきた あの織物!

織物工房ル・ポワルでは、あの織物がなんと気軽に体験できるレッスンをご用意しました。

その名も 『織物 体験レッスン』  ル・ポワルの中でも自慢の人気コースです。笑

コースターかミニマットかマフラーの中からひとつ選んで織っていただきます。

どのコースも材料費込みで¥4200です。ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

① コースター2枚 約3時間 (10cm×10cmのコースターを2枚制作します)

Img_4292

↑コットンの2枚か ↓ウールの2枚をお選びいただけます。

Img_4289

コースターはもっとも気軽なコースです。どなたにもオススメです。

② ミニマット 約3時間半 (15cm×20cm)

Dsc_1100

↑ 白かグリーンかのどちらかを1枚制作します。よこ糸の変え方も学べます。

③ マフラー 約4時間半 (20cm×165cm)

Dsc_1102

もし、がんばれるという事であればマフラーもチャレンジいただけます。

たて糸の色の変え方も学べるのですが、通常は写真と同じライトグリーンの色だけなのですが、ただいま期間限定でピンクかブルーかライトグリーンの中からお選びいただけます。

またマフラーは見本と同じ通常の毛糸で¥4200でできるコースのほかに、毛糸のチクチクが苦手な方に¥5800で毛糸を良質に変更するコースもお選びいただけます。

Img_3871

定休日の火曜日以外、毎日13:30スタートで開催しております。

電話かメールで“希望の日にち”と“希望のコース”を伝えていただければ予約完了。

03-3823-4008    miya@orimoyou.com

満員は3名ですので、お1人で来られてもいいですしお友達と誘い合ってチャレンジするのもGOOD!!

ちょっとやってみたかったと思ったらぜひ気軽に挑戦してみてください。お待ちしております。

| | コメント (0)

2016年3月18日 (金)

ショップカードができました

やりたいことをギュウギュウにしたせいで謎の店になりすぎた感が否めないル・ポワル。

なので言い訳がましくこんなお店になった理由を 「別冊le poilu」 という小冊子型のショップカードを作っていたのですが、

こいつが本当に作るのがたいへんで、別冊le poiluがなくなっても作る気が起きず、分かりやすく言うと精根尽きておりました。

ただ、ショップカードがないととっても不便で、興味を持っていただいたお客様にもご不便な思いをさせておりまして、

そしてですね、精根尽きない程度のショップカード制作を目標に、新たなショップカードが完成しました。

↓ ジャーン!!

Img_4278

全6ページ、ポストカードサイズのZ型。なんか懐かしいですね。

1万部印刷しましたので、惜しみなくどんどんもらってやってください。笑

昨日から配布しているのですが、やっぱりこのページの人気は凄まじいです。

Img_4279

↑ われらのアイドル店長、流し目の貴公子。

店頭にはご自由にどうぞと置いてあるのですが、もし遠方の方やなかなかル・ポワルの来られない方はよければ住所とお名前を伝えていただければお送りしまーす。

どうぞご遠慮なくぅ~。(^o^)丿

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

山本エネルギーすごい

今、ラジオを聞いていたら、山本寛斎が出てて、いろいろとお話している内容に感動して泣いております。

私がしていることは前例がなく、始めるにあたってもそして7年経った今も多くの意見や批判はうけることもあります。

誰か先輩でそういうことをして成功している人はいるの?とか、このお店だけでやっていけてるのか、とか。。。うーん、その質問ってなんか面倒くさいっていつも思ってます。

私はみんなを元気にしたい、このお店に立ち寄った人が「楽しかった、よし私もがんばろうっ!」と思えるような場所を作りたい。

私が考えるステキをやりたいんだけどって言っても、なかなか通じなくて。

で、結局ひとりでこういうお店という形で自分の想い描くスタイルをやっているわけなんです。

でもラジオに出ていた寛斎さんはそのことを言っていて、自分がいいと思うことをすればいいだけのこと、と。

自分の考え方なんだから前例なんてないし、始めるにあたって多くの人に違和感を感じられるだろうし、批判も言われるよね。でもそれでいいんだと。

なぜなら時代が変わる、新しい考え方が生まれるという事はそういうことだから。

なんか本当にぐーっと来て、やばい。

私はお店という形にしているので、様々な人と出会います。

そういう中ですごく思うことは、意識の高い人や強いエネルギーを持っている人はだいたい同じことを言って同じことをするという事です。

言葉はほとんど必要なくて、そして私の作品のあたりをウロウロして、これが欲しい!って。だいたい同じ。

先ほど中高年層の男性女性の団体が来て、ひとりにも1ミリも私のエネルギーが伝えられなかった。いろんなことをぶつぶつ言っていた。こんなの買ったってすぐにダメになるだとか。こちらの系統の方もだいたい同じ。残念ですがいつも完敗です。

でも、私は来た人全員を楽しくさせたいです。そして伝えたいです。人生は素晴らしいって。

これからも私が思うスタイルでやり続けますからね~。

Dsc_1848

| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

春の新作

突如寒いですね。寒がりキュウ太店長はヒーターから出てくる熱量をすべて自分のものにすると言ってヒーターの前から動きません。

燃えちゃうよーって教えてみたのですが、全然動きません。さすがです。笑

こんなに寒い日にお伝えするのもためらうのですが、春の新作ができました。

↓ 「はるうらら」 と 「若葉が萌える」 です。

Dsc_1864

Img_4257

色が明るくて、織りながらときめいちゃいました。ポワポワとした春の朗らかさをイメージして作りました。

ショール(¥21000)とストール(¥17000)で、どちらも春の装いにオススメですよ。

コットンシルケットという綿100%の糸で、肌触りもいいです。

よかったらぜひお店に見に来てくださーい。

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

居眠りに注意

ポカポカしてうっかり眠っちゃいそうないい陽気がやって来ました。

われらがキュウ太店長も、お散歩中に何やら足を止め、お日様の温かさを堪能しているのかと思ったらうっかり居眠りしそうになってました。

Img_4235

↑ 歩こーよーと引っ張ってみたのですが、どうしたものか。でも気持ちよさそうなので許してあげる♪

ところで、またもや私の大好きなNHKの朝ドラの話でも。

今回の「朝が来た」は否のつけるところがないくらいいいですよね。新次郎さんが小袋をクルクルするのとか、裾を手でピンと下に押さえて走る様子とか大好きです。

女子の教育や社会進出という、百数十年経った現代社会でもモヤモヤが多いこの社会問題に立ち向かった女性。

ファーストピングンがあれほど頑張ってくれたのかと毎日胸を熱くさせて見ております。

わたし事ですが、ル・ポワルを始める時にも女が1人でという部分でたくさんの壁がありましたよね。女のくせにとかさんざん言われましたし。

私が思うのは女だからとか男だからとかではなくて、「その人が」というようになっていけたら一番いいと思ってます。

ル・ポワルにもたくさんのお客さんが来て、それは男性も女性もお買い物を楽しんでいらっしゃいますし、男性も女性も織物のレッスンにもチャレンジしたり、楽しんでもらっていますが、

「これは男はやりに来ないでしょ?」 なんて質問を中にはしてくる人もいます。たくさんいますよね。レッスンをしたことのある男子の皆さま、そんなことを言う人に“楽しいよ”と誘ってやってください。笑

私が行っていた学校はファッションで有名な学校なのですが、たくさんの男子がお裁縫箱を持って通ってました。そのことで何か不自由な想いをしている男子も特に見かけたこともなく、そして卒業生は男性も女性も世界中で活躍していて、いったい何に対して男だとか女だとかを区別する必要があるのか全く私には分からないものです。

アサちゃんの夢見た社会が徐々に形になっていると思います。まだまだの部分もたくさんありますが、女や男という事で何か不自由な想いをする人がいなくなれたら本当に素晴らしい事だと思います。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »