« 今年の目標 | トップページ | 価格改定のお知らせ »

2016年1月18日 (月)

作り手の想い

そろそろ第2回目のル・ポワルクイズのブログにしようと思っていたのですが、抽選で使ったガラガラを知り合いに貸したところまだ帰ってこず、

ガラガラが戻り次第ル・ポワルクイズやりますので、お待ちくださいねー♪

わたくしはただいまオーダーいただいている帽子の制作をしております。

Img_4170

↑ これはオールシーズン使えるコットンで制作したハンチングの見本なのですが、

同じデザインで素材がウールでとご注文いただきまして制作しております。

Img_4171

↑ どんどん織れていきます。楽しくてニヒニヒしちゃいます。

Y様、もう少しで完成しますので、お待ちくださいね。

私の経歴をご存知の方もいらっしゃると思うのですが、実はこのル・ポワルを始めるまでは洋服屋さんや雑貨ショップ数軒と契約して、作品を置かせてもらっていた時期がありました。

そういう時にとても感じたこと。それはお店に並んでいるだけでは私がどんな想いで作っているかという事が全く知ってもらえない・・・。それはとても残念なことで・・・。

そういう時に、私以外にも誇りを持ってものづくりをしている人の作品や商品なども作り手の想いというのは購入する方には知るすべがないんだ、とつくづく思ったわけなんです。

もし作り手の想いを知りながら買って、そしてそれを使うことができたら、きっと大切にしたり愛おしく思ったりして、ちょっとダメになったからポイなんて考えに至らないステキな暮らしになっていけるのでは?と思ったわけなんです。

作り手は使う側のことを考えて、自分の持っている技術や知識を惜しみなく盛り込んで制作します。それを知らずにいるのは本当にもったいない。

雪が降って谷根千探索には不向きな今日は作業に集中できそうです。今日もいいものを目指して!!

|

« 今年の目標 | トップページ | 価格改定のお知らせ »

コメント

本当に素晴らしい作品であれば、使い手が作り手の思いなど知らなくても大切に扱われ、いつしか名品と呼ばれるようになるのです。

投稿: わたしも織り人 | 2016年1月24日 (日) 午後 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の目標 | トップページ | 価格改定のお知らせ »