« いいものの魅力 | トップページ | 花子とアン »

2014年9月15日 (月)

ステキをみつける才能

毎度お世話になっております。ミヤです。

ここ数回のブログが熱いとお客さんに言っていただき、松岡修三を超えられるように頑張りますと言ってしまいました。

ええと、タイプが違うので、修三という目標はいささか設定のし直しが必要です。(笑)

よく来ていただくおじさまとの雑談がですね、今日も熱くて・・・。カカカァツ

↓ 以下がその会話の内容です。

「ここに来るとやっぱり楽しい。いいよね。なんだろうね。」

「えへへへ~。」

「この時計はアンティークなの?」

「いいや、違うんです。アンティーク風に作られていて、中身は電池式で。ただですね、私は思うのです。どっちがいいのかって。」

「俺いっぱい骨董屋の友達いるけど、おんなじこと言ってる。どっちがいいかって。潰れちゃう店多いしね。」

「実はうちの店、アンティークのものもいくつかあるんです。でも、実際使えない、重い、高い・・・。アンティークのものが良くない物とは思わないけど、使えないっていうのは問題かと思うんです。私は毎日を楽しくステキにさせてくれるもの、そんな提案がしたくて。」

「いかに生活を愉しむかだよね。」

「アタリ!!」

「季節を愉しんだり、人間関係を愉しんだり、身の回りを囲むものを愉しんだりでしょ?」

「ウワァッ!!アタリです!!」

「やっぱりこの店いいよね。いつもありがとねー♪」

↑ こんなステキなお客様に囲まれて、わたくし自分のことを本当に幸せ者だと思うわけなのです。

人はなんのために生きているのか?と哲学的な問いに対し、私ははっきりと答えられます。浜崎あゆみも言ってます。答えは 「幸せになるため」 です。

普通ですか? そう思っていただいても大丈夫です。

でも、もし何か苦しい立場におられたり、いろんなことが思い通りにならない時など、人生の苦難な時にこれを思えば、自分が今すべきこと、そして答えを導くことができます。

もちろん短期戦ではありません。長期戦です。

どれだけのステキをみつけられるか。ステキをみつけてそれを自分の中に取り入れられるか。

そんなお手伝いができれば私は最高に幸せです。

みなさまいつも本当にありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Dsc_0166

↑ みんながんばって の図。

|

« いいものの魅力 | トップページ | 花子とアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいものの魅力 | トップページ | 花子とアン »