« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月23日 (水)

モノの価値

昨日、定休日でしたので、おうちでのんびりテレビを見ていました。

そんな自分を襲った衝撃的なセリフ。

「タモリさん、笑っていいとも終わるのホンマ?」 「そうなんです。次の3月で終わるんです」 と。

タモリさんが言うことでは、「みなさんには感謝の気持ちしかない。」 「30年以上の番組に育ててもらってありがとう。」 「あと半年がんばる。」と。

私は本当に泣きそうになりました。

先日の宮崎駿さんの引退宣言の時もそうでしたが、

「次の映画のアイデアはあるんだけど、だいたい7~8年制作にかかるから、そうすると80歳。まだ動けるうちにずっとやりたいと思っていたことをやるほうにした。」

おそらくタモリさんも同じ想いなのかと想像できました。

巨匠と言われる彼らには何不自由のない生活をされていると思われる方もいると思いますが、私には彼らの大きな決断を聞くに当たり、きっと想像とは真逆な想いをされているのではと思わずにはいられません。

自分の時間を惜しみなく使って、私たちに多くのすばらしいことを与えてくださっていると。

先日、カフェに入った時に隣の席から 「風立ちぬ、みんなが言うほど泣けないよ」 と聞こえてきました。

私としてはワンシーンワンシーンに込められている想いをもっと感じて観てみなよ、と言いたかったのですが。。。

モノの価値がどこにあるのか。人がどれだけの努力と知識と忍耐力と根気と時間と・・・

とにかく、その人の人生の中で培ったすごいものを使って作って、そして私たちに与えてくれているモノに気が付けるか気が付けないかは、自分の意識しだいだと思います。

価値の判断基準が自分の中になく、誰かの基準が情報として流れ、maid in ○○ はいいモノなどと、作られた場所だけでそれの価値を決めるような方が増えてしまったのではと思っております。

ホンモノを見極められる人間になれるよう、私自身も日々精進です。

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

ワクワクしちゃってよ

台風すごかったですね。955hpって相当ですよ。

キュウ太くんも低すぎる気圧に神経を高ぶらせすぎて疲れてしまったようで、午後はずーっと居眠りこいてました。

__

ル・ポワルで開催している織物教室の特に本コースでは、ものをつくることを本気で挑んでいただきたく、そのことを生徒の方に伝えようと一生懸命に説明すると、私の心の中のものづくりの情熱がだんだん高まってきて、

私が一刻も早く制作に入りたくなってしまうのです。

ものをつくるってことは本当にすごいことなんだ!!と。

自分の映し鏡なんだ!!と。

自分という人間はこういうことに感動してこういうことに心を動かされて、こういうものをずーっと見ていたいと思う人間なんだ!!

まったく熱いわたくしでございます。

ただ、本当にそのような想いで制作しているので、

「あなたの作品には風が吹いていて、キラキラ輝く日差しが見えるわ」

「緩やかな丘が続く景色や水のせせらぎが見えるわ」

(“わ”は主に外国人の方にそのようなことを言ってもらえることが多く、その英語を私なりに翻訳している“わ”です (笑))

という言葉をいただけることがあり、わかる方にはわかるんだなぁと感動したりします。

___2


___3

わたくしはこんなものに心を惹かれる人間です。私の作品にこんな景色が見えますでしょうか?見えたりする方は遠慮なくそれを伝えてください。もれなく私の制作エネルギーになります。(笑)

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

暑いです

台風やら前線やらの影響で10月なのに30℃を超えている暑い東京です。

わたくし、風が強かったり、晴れの日が続いたり、大雨が降ったりすると天気に文句を言う方がちょっと苦手なのですが、

芸工展の最中なので、ちょっとお願いという程度で一言・・・。

「新作マフラーを試しても大丈夫なくらいの気温になってください!20℃くらいがいいです」(笑)

せっかく 「新作発表会&受注会」 という広告を入れて、みなさまに今年の新作をお試しいただけるように、毎日深夜にまで及ぶ作業で制作した作品ですので、ぜひそれを手に取り、お試しいただけるとうれしいのですが・・・。

__

↑ こちらが今年の新作です。「お菓子」 のイメージで3種類。

ちなみにこちらは 抹茶ぜんざい白玉入り です。

↓ こちらの芸工展のガイドマップがあればうんと楽しくなるよ。¥100

___2

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

RAINY TODAY・・・

本日より 『芸工展』 です。

谷中、根津、千駄木エリアに芸大や日暮里駅も参加して、このあたり一帯が芸術の街になる2週間。

初日はあいにくの雨でした。

Img_2370

芸術というとちょっと堅苦しいですかね。

私はその方の心に向けて訴えかけているものを総称して 『芸術』 だと思っているので、

「わぁ、ステキ!」 とか 「なんじゃこれはっ!!」 とか 「おー、なんということでしょ!」

みたいな気持ちにみなさんがなってもらえるように、いろいろと仕掛けをしてお待ちしております。

みなさんも心をオープンにして来られると 「倍」 いや 「10倍」 いや 「100倍」 楽しくなるはずです。

くれぐれも、見逃しませんように。みのがしませんように~。ミノガシマセンヨウニ~。

Img_2371

みなさまのニコニコ笑顔を心よりお待ちしております。

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

名作劇場 

小学生のころ、毎週日曜日の夜にやっていた 「世界名作劇場」 が大好きでした。

いまや巨匠となっていらっしゃるジブリのみなさんがおよそ手がけているシリーズで、

おそらく今の自分の大きな礎となっているのだろうと確信しております。

そんな名作劇場が我が家のテレビで映る放送局で再放送されておりまして、(3チャンネルでTVK)

赤毛のアンを毎朝見てからル・ポワルに来ております。

懐かしい想いもあるのですが、毎日の中で大切ななにか見失いそうなものを考えさせられるようなシーンもあり、改めてそのおもしろさを感じながら見ております。

Img_1343

↑ 「名作劇場」 に感化された人がやっているお店。なんかすっごくわかるぅ。。。

ステキを想像するただならぬ能力の高さ、アンと仲良しになったらきっと毎日が楽しいだろうと。

Img_2362

ボクとも仲良しになると楽しいよ。この子らはボクの影武者!!

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »