« 手織りの価値 | トップページ | 6歳 »

2013年7月18日 (木)

応急処置ですが

わたくしの自論なのですが、こころと瞼はつながっております。

例えば、ひどく落ち込んだとしましょう。

「あー、なんで私がそんなこと言われなきゃいけないの?」

「ちょっと、せっかくこうしてたのに、どうしてこんなことになってるの?」

みたいな。

でも、みなさん大人で社会人ですよね。その落ち込みや苛立ちから切り替え、早急に仕事にもどり、いつものように軽やかに笑顔を振りまかなくてはならないかと思います。

「ねー、聞いてよ。こんなこと言われちゃったんだー」

「えー、ちょっとひどすぎるね。そんなヤツは無視無視!」

なんてステキな同僚がいる方だったら特に必要ないかと思いますが、

そのような恵まれた環境にいらっしゃらない方に、わたくしの自論ですが、いい方法を伝授いたします。

上のまぶたを見開いて目を右左上下とぎょろぎょろ動かしてみてください。

あれあれ?なんかこころが前向きになってきたよ。あら不思議。笑

ま、応急処置ですので、その後ひどく落ち込んだり、誰かに愚痴ったり、時には泣いてみたり、暴れてみたりもしてくださいね。

ではよい週末を~☆

|

« 手織りの価値 | トップページ | 6歳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手織りの価値 | トップページ | 6歳 »