« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

マフラーが盛んです

うっかり体調を崩していたミヤです。

月曜の朝、何となく嫌な予感がし、その夜フラフラで帰ったら熱があり、そこから寝込むこと約30時間。

そして、水曜の現在、すでに元気一杯のミヤです。自分でも驚きの回復力。笑

この時期の天気予報は毎日チェックですね。特に冷たい雨にさらされないよう気をつけたいものです。

ということで、季節はどんどん冬に向かっております。

体験スクールも、本スクールもやはりマフラーが盛んに作られ始めました。

2009_10_28_001

↑ モノトーンのたて糸で素敵な予感がします。よこ糸はどんな糸をつかうのかな?

2009_10_28_004

↑ ピンクとパープルのラインが白の中に小気味よく入っています。ストライプのマフラーになるのかな? それともチェックになるのかな? 楽しみですね。

2009_10_28_002_2

↑ ねーねー、ボクの分も誰か作ってくれてるよね。でも、ボクのにしては大きいかなぁ・・・。 ショボン。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

お急ぎくださぁい

裏通りに面しているので、見つけてもらわないとなかなか知られないだろうと、気長な気持ちで始めた 織物工房 le poilu ですが、

オープンして半年、

なかなかいい感じで、みなさまに見つけていただけてもらっているおかげで

織物スクール、本コースも空きが残り2席となりました。

もし、本コースをご検討されていて、迷っていらっしゃる方がいらっしゃれば、早急な決断を

と思いまして、ブログを通じて宣伝させていただきます。

2009_10_20_004

↑ オッ、これは鏡か?

と思うほどキュウ太と似ているボストンテリアのリコロちゃんが遊びに来てくれました。

問1 : キュウ太はどちらでしょう。 笑

2009_10_20_002

↑ こっちがあたしよ。

2009_10_17_009

↑ こっちはボクです。

む、難しい問題ですが、正解は

2009_10_20_015

赤いバンダナのほうがキュウ太でした。

白黒のバランスもそっくりだし、顔もそっくりです。難しい問題でした。笑

体験教室は、引き続き予約を受け付けておりますので、気軽にお申し込みくださぁい。

| | コメント (4)

2009年10月17日 (土)

祝! 半年!

本日10月17日は、ル・ポワルが開店してからちょうど半年です。

いまだにご近所の方々は私のことを犬を連れている人だと思っていたり、何をしているお店なのかが知ってもらえない感じではおりますが、

興味を持っていただいて、作品をオーダーしていただいたり、スクールに通っていただいたり、織物の魅力を確実に広めている実感は感じずにはいられない半年目のミヤです。

↓ 生徒さんの作品です。

2009_10_11_002

2009_10_07_007

2009_10_07_017

2009_10_17_003

2009_10_17_004

↓ みんなすごく頑張ってるんだよ。

2009_10_17_008

↑ ミヤちゃんも遅くまで残ってオーダーをもらっている分を一生懸命作ってるよ。だからボクもなかなか帰れないけど・・・。

2009_10_11_012

↑ こんな風に看板で宣伝もしています。

2009_10_11_013

↑ ボクも地味にお手伝い。笑

突然ですが、本日、祝!半年!記念として 「半年、おめでとうございます」 と言ってくださった方に、ル・ポワルのさりげない記念品を差し上げます。 (笑)

2009_10_17_009_2

↑ さりげない記念品って・・・、あれのことかな・・・。

| | コメント (2)

2009年10月11日 (日)

サイエンス

織物の魅力を紹介したく、日々いろいろと情報を発信している私ですが、

実は上野にある国立科学博物館が大好きな私です。

2009_09_21_044

↑ ティラノサウルスの骨。

このような展示は 「常設展」 という形で、大人だと600円で観ることができるのですが、リピータズパスというなんとも親切なチケットがありまして、1年間何度も入れて1000円。

2回行くと元が取れてしまう、すごいチケットです。 (笑)

もともと、地球の鉱物に興味があり、(宝石になってしまうとあまり興味がなくなる。)

2009_09_21_051

↑ 地球規模の地殻変動や元素と圧力により何億年もかけて作られる壮大な奇跡

2009_09_21_054

そんな鉱物がこんなに並ぶ展示にくぎ付けになったのが最初です。

そんな感じでヒマを見つけては国立科学博物館に足を運んでいた私ですが、

ヒョンなことで、こちらで働く方と知り合いになることができまして、

織物のショップを営む傍ら、科博のステキな裏情報を教えていただいたり、科博の中で行われている謎のイベント情報を教えていただいたりしているのです。

近々、あるイベントとしては

2009_10_11_001

↑ ミクロの世界にある芸術 『ケイソウ・カフェ』 

くわしくはこちらで。 http://www.takeda-foundation.jp/cafew/

確かに、自然物の形というものは、芸術家をも驚かせる美しさ、不思議さがあります。

ぜひぜひそのようなお話を、地学研究員の斎藤めぐみさんと語り合ってみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

記憶と香り・・・

この香りをかぐと、あの時のことを思い出す、というような経験をしたことのある方、結構いらっしゃるかと思います。

数日前に 「きんもくせい」 の香りがして、昨年のちょうど今頃何をしていたのかを思い出した私です。

ずっと前から織物のお店を開きたいと思っていた自分が、とうとう決断をしたのが去年の今頃。

場所をどのあたりにしようかを検討し、かなりいろいろと歩き回っていた時に嗅いだ香りです。

2009_09_29_007

↑ ボクも一緒に歩きまわったよ。

何かを始めるというのはとても勇気のいることだと思います。

ただ、始めなければいつまでも 「ゼロ」 だということ。

自分の背中を押したのは、自分の夢を実現させるには、

おそらく30年はかかるのでは?と予測を立てたその時に

「1秒でも早く始めなければ!」 と思ったことが踏み出せたきっかけです。

2009_10_07_005

↑ そっか。あの時ミヤちゃんが見てた遠くは、30年後だったのか。

決めてしまえばあとはやるのみ。

そう思うともやもやしていた時間がもったいなかったかな。(← それもまた人生なのかも?)

この先、きんもくせいの香りで、あの時の決意、覚悟を思い出すのでしょうかね。

| | コメント (0)

2009年10月 4日 (日)

藍い月 COUZT CAFE

ル・ポワルのご近所に COUZT CAFE がオープンして約1ヶ月。

なかなか行けずにいましたが、念願かなってやっと行ってまいりました。

2009_10_04_001

↑ ステキな予感のする外観。

メニューはいろいろありましたが、3種のお惣菜のプレートランチをいただきました。

2009_10_04_004

こだわりの食材を日本人ごのみの味で調理してあり、とても美味しかったです。

2009_10_04_003

ゴボウや大根、ニンジン、ナスなど、なじみの深い食材がこんなにオシャレに。

カフェのほかにも靴や服、本なども販売していて、オーナーのこだわりが隅々まで滞りなく感じられるショップです。

場所は ↓

2009_10_04_001_2

ル・ポワルから徒歩15秒。めちゃめちゃ近いです。笑 

店員さんも皆さん親切で、いごこち抜群ですよ。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

看板プロジェクト

中央工学院の学生たちが、毎年 『谷中看板プロジェクト』 という形で芸工展に参加しています。

ル・ポワルは、今年の看板制作のショップに選んでもらいました。

そして、本日、看板の取り付けが行われました。

2009_10_01_005

↑ キュウ太も見守る中、作業が進められていきます。

2009_10_01_008

↑ ザーン! 取り付け完了!!

どうですか? いい感じじゃないですか?

ステンドグラスを入れてもらい、鉄板に店名も彫って、なかなかおしゃれです。

いい位置にキュウ太店長がほくそ笑んでいます。

2009_10_01_010

自分も、造形の学校を卒業しているので、自分が作ったものが実際に使われ、喜ばれるということが、学生時代の自分にどれほど励みになるのかがわかるつもりです。

これを作ってくれた米岡君も、制作すること、そしてそれが誰かの役にたつ、喜ばれる、という、ものづくりをする者にとっての一番の醍醐味を経験することができたのではないでしょうか。

ステキな看板を作ってくだってありがとうございました。

学校の授業の一環とはいえ、みんなが笑顔になる素晴らしい企画ですね。

永く大切に使わせていただこうと思います。

| | コメント (7)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »