2018年8月16日 (木)

ステキ係

30℃です。境界線は。

谷根千に人が戻ってきました。やはり人気の谷根千であることに変わりはないようです。

Img_8020

さっそく 「ステキ!」 「あー、ステキだわ!」 「ほんとにステキねぇ、これ。」

とチヤホヤされて、うぬぼれそうです。

って、なんの話だって感じですね。

つまり、ずーっと暑くて、お客さんが来なかった日が続いて、自分は何のためにル・ポワルをやっているのかを見失いそうになっていたところに、

今日はたくさんのステキをいただき、自分の目標を取り戻せそうという話です。(解説すると恥ずかしいです。笑)

追われる日々なのか、邁進している日々なのか。

やらなきゃいけないことが多すぎるのではない。やりたいことがいっぱいあるってことです。そしてそれをひとつずつやればいいんです。

私の大好きなNHK朝ドラ 「半分、青い。」 で、原田知世が 「攻めなあかん」 と言っていました。(数回前の話)

自分でステキを掴みに行くんです。

まぁこれでいいか。ではない。

もっとこうしてみたいんだよ~! もっとステキなんだよ~! って感じで。

あー、よかった。今日はステキをばら撒けました。

小学生の時に、クラスにいろんな係があったのですが、あればわたくし 「ステキ係」 に就任したいです。

いきものがかりは水野君にまかせればOK。

Img_7823

身近なところにもステキは転がっています。それに気が付ける自分でいたいね。

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

お洋服はじめました

こんにちは。毎日暑いですね。みなさまご無事?

台風さまと、暑ささまのおかげで、どなた様もいらっしゃらない日が続きすぎて、お店であることを忘れそうです。(笑)

ル・ポワルは10周年を迎え、いろいろと新しいことにチャレンジしたいと思っている矢先の

先制パンチです。

商売ってのは甘いもんじゃないのじゃ!! みたいな。

はい。お天気様。どのようなことがありましても、志を掲げ邁進してまいります。なんちって。(笑)

でですね、新しいこととして、お洋服の販売を始めました。

雑貨も大好きなんですけど、お洋服も大好きでして、ずーっとしたためておりました。

店舗が小さく、試着室などのスペース問題や、これ以上忙しくなると織物を織る時間がないじゃんか問題などの諸問題をどうにか考えまして、とうとう始めました!

Img_7861

↑ みずたまのシャツ(¥3900+税) お花のスカート(¥3900+税)

Img_7859

↑ リネン切替カーディガン(¥4900+税) 後ろがかわいすぎるインナー(¥2900+税) デニムワイドパンツ(¥3900+税)

Img_7862

↑ リネンシャツ(¥5900+税) 飾りテープスカート(¥3900+税)

などなど。

みんなに着ていただきたい服を作りたい!という想いの方々が手掛けています。

なので、価格もとてもリーズナブルで、お買い求め安いと思います。

サイズはⅯ、Ⅼ展開なのですが、ゆったり目で作っていて、あまりとらわれなくて大丈夫。

細い方がⅬをダブッと着てもかわいいとか、袖をまくったりボタンをはずしたり、おなか回りもゴム仕様で、どなたさまも気取らない着やすさです。

街を歩いていて、同じ服の方とすれ違ったりする気まずさ(笑)に耐えがたい。だからちょっとづつしか作らないんだ、と。

お洋服の大好きな人が作ってるんだなぁとつくづく感じました。

ル・ポワルにも1点~2点ずつしか入ってきませんでした。

ル・ポワルでは、ボディーから脱がせながら販売します。(場所がないので強硬手段です。ごめんなさい。) 

逆に言えば、これかわいい!と思ったら即試着です。次はないかもです。すぐ脱がせますから~。

| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

喋りたすぎ

猛暑のおかげで、
ミヤさんのお口が暇を持て余しております。

あ、でも決して無理してきてはいけませんよ。
30℃を下回った時にミヤさんのお口フル稼働させていただきますので〜〜。

日本にご旅行にいらした外国の方は、日程があるからといって、すっごい暑いけど日本を楽しむわ、と汗だくでがんばっていらっしゃいます。

そして私は、水は必要ですね。あと塩も取ってね。なんていう英語を覚えてみました。笑


↑ あー、植物も語りたいなぁ。アングラータ…。


↑ ごはん土鍋とおひつ〜


↑ あー、カレーの壺。


↑ 和紙の帽子。

語りたすぎて、お口が暴走しそうです。(←それ、どんな状況?)

| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

夢をもって生きる人、そうでない人

みなさんは、20年位前に流行った本 「地図の読めない女、話を聞かない男」 という本を知ってますか?

あの本を読んで、おそらく20年は経っているのに、まだ覚えているということは、私にとって相当印象的な本だったのだと思います。

内容を簡単に言うと、男の人の脳の構造と、女の人の脳の構造は違っている。

狩猟時代、男は狩りに出て獲物を捕って、道に迷わずに集落まで帰ること、

女は男が狩りに出ている間、集落を守ること、子育てをするためにみんなと仲良くすること、

そんなことに能力が長けていった、という話です。

女の人は本当にコミュニケーションが上手な人が多いですよね。男の人は運転が上手な人が多いのは、そういう人類が歩んできたことが今も影響しているんだそうです。

ただ、女の人でも運転が上手な人がいたり、男の人でもコミュニケーション能力が高い人がいたりするのは? なぜなの? ということで、

答えは、男よりの脳を持った女性がいることや、女よりの脳を持った男性がいるらしいのです。

そこで、自分はどんなタイプの脳なのかを確認できる簡単なテストが付いていました。

けっこう面白いので、ご興味のある方はぜひやってみて。

072352171

それで本題に入ります。(前置きナガッ 笑)

そのテストの中の質問の一つに、「あなたにとって人生とは?」 という質問があるんです。

たしか3拓でした。

「やりたいことを見つけて、それを一生懸命にやること」 のほかに 「楽しければそれでいい」 とか、 「誰かを応援する」 みたいな選択肢があって、

えっ!?

やりたいことを見つけてそれを一生懸命にやること、以外を選ぶ人はいるのかとびっくりしたことを覚えています。

夢をもって生きる人が全員ではないことを知らなかった。その当時はけっこうショックな出来事でした。

でも、今は分かります。いろんな人がいることで世界が動いていること。

夢をもって生きる人が偉いわけでも偉くないわけでもなく、

いろんな人がいることが大事だということなんです。

夢をもって生きる人はがんばって作ります。それを応援したいという人が手伝うことでよりスムーズにいく、そしてその作ったもので楽しむ人がいる。作った人は嬉しくなる。手伝った人も嬉しい。そうやって世界が回る。すごいですねー。うまくできてるー。つくづく・・・。

ほかの人がそう思うけど、自分はそうは思わないことがあっても、それでいいんだって、すごく思います。

自分と同じ考えでない人がいても、それでいいって思える社会がいいと思います。

自分の考えを押し付けたり、おせっかいはダメ。経営に口出しは禁物よ。(^_-)-☆  その人は自分ではないんだから。

それぞれを認め合える社会。あの人らしいねってみんなが言い合うの。それはすごくステキね。

| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

涼しいね

猛暑から解放されて、涼しくていいですね。

先週は暑すぎてほとんどお客さんが来ない日が続きまして、

とうとうル・ポワルも終わりかと思いましたが、(笑)

この数日の涼しさで、そんな心配も払拭です!
皆さまのおかげでル・ポワルがあることをつくづく思いました。本当にありがとうございます。

わたくし、暑くて誰も来ないあいだ、いっぱい織っちゃおう〜〜♪ なんて思ってましたが、あまりの暑さにアタマが働かないとはよく言ったものです。
びっくりするほど進みませんでした。ごめんなさい(←誰への謝罪なのか…)

で、しつこいようですが、パズルをしておりました。



↑ 完成させては崩して、



↑ あんた何回やるの? って誰か言ってやってください!

もう、涼しいうちに織物やります。パズルの誘惑なんかに屈しない! 絶対…、負けない…、

あー、パズルなんてもうやらない…、

でもやりたい。あー、パズル。にくい。



恐ろしきパズルの誘惑。(3200円 + 税)

皆様も是非。(笑)

| | コメント (0)

«11歳